HOME>オススメ情報>糖尿病の治療に使用する薬の詳細が知りたい!

糖尿病の治療に使用する薬の詳細が知りたい!

薬

スルフォニル尿素薬の特徴とは

2型糖尿病が心配なら、内科の診察を受けることで自身の状況を知ることができます。もし糖尿病と診断されても、薬の処方などで治療することが可能です。糖尿病の経口処方薬の中で代表的なものと言えば、スルフォニル尿素薬が挙げられます。服用すれば膵臓に作用し、効果的にインスリンの分泌量を促進させることができます。膵臓がインスリン分泌機能を有してることが前提の薬で、幅広い患者さんに処方されます。長時間の作用が期待できますが、低血糖を引き起こしやすくなるため、服用後には食事をしっかりと摂りましょう。服用中は、低血糖に備えて糖を含む食べものや飲み物を常に持ち歩くのが理想的です。飴や糖分の多いジュースの携帯を習慣化させると良いでしょう。

医薬品

αーグルコシダーゼ阻害薬の利点

糖尿病においては食後の血糖値の上昇がネックになりますが、顕著な上昇が認められる場合は、αーグルコシダーゼ阻害薬でカバーすることが可能です。小腸で糖類を分解する酵素の働きを鈍らせる作用があり、糖が血中に送られる時間を引き延ばしてくれます。食事を摂っても急激な血糖値の上昇を防げるため、食後に予測される不安を払拭できます。もちろん、糖尿病患者であれば食事内容にも気を使わなければなりません。ただ、食事療法を行っていく中でも、αーグルコシダーゼ阻害薬による安心感があれば、しっかり献立を楽しむことができるでしょう。食事を摂る直前に服用することで効果が発揮されるので、食事とセットで飲む治療薬と考えて習慣づけていきましょう。