眼瞼下垂の症状と原因

美容整形

眼瞼下垂は、まぶたが次第に落ちてきて、物が見えにくい状態になることやまぶたが開きにくいという症状です。幼い子どもから高齢者まで幅広い年齢で発症することがあり、原因や症状の程度は人によって様々です。片目だけ症状が起きることもあれば、両方の目で起こることもあり、先天性のものもあれば後天性のものもあります。眼瞼下垂がひどくなると、肩こりや頭痛というような症状も起きてくるので、注意が必要です。他にも、視野を確保するために額にシワを寄せていることや、眉を上げるということを行なっている人もいます。眼瞼下垂は、まぶたを引っ張る筋肉が伸びて弱くなっているという状態になっており、手術で改善することが可能です。まぶたを引っ張っている筋肉を短く縫い付けるという手術を行なうことで、まぶたを再び上げていくことが出来ます。

眼瞼下垂は主に生まれつきの先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂と分けることが出来ます。先天性眼瞼下垂は、主に筋肉の働きが生まれつき弱いという人が多く、他にも筋肉を動かす神経に異常があるというものや、まぶたの形に異常があるということがあります。後天性眼瞼下垂の場合、コンタクトレンズを愛用しているという人や、まぶたをこする、目の周りのケガや手術など、様々な理由で筋肉が伸びて皮膚がたるんでしまうという物があります。まぶたや目の周辺の筋肉や神経は、非常にデリケートなので、ちょっとしたことが眼瞼下垂に繋がることも珍しくありません。また、顔面神経麻痺や動眼神経麻痺と呼ばれる別の病気によっても生じることもあります。